化粧落としを選ぶ際に一番気にするポイントとして、キレイに化粧が落とせるのが一番、と考えがち。また、化粧落としは肌へのダメージが大きい場合があることから、肌荒れ防止のためにとクレンジング剤を規定量より大幅に下回る量しか使わない方もいます。
毎朝入念に化粧をしつつも、メイク落としに関しては手間をかけていないという場合は、お肌に負担をかけてしまっていることもあります。化粧落としは短時間で終わらせてしまいたいと思っている人は多いようですが、メイクがいつまでも肌残っていては、お肌を汚し続けるようなものです。クレンジング剤にはたいてい、界面活性剤が配合されています。
洗濯や食器洗いの洗剤にも配合されており、汚れを分解してくれるものです。
界面活性剤は、化粧汚れを落とすと同時に肌も傷めてしまいます。界面活性剤を使っていないタイプのクレンジング剤で化粧落としをするというやり方を用いている方もいます。
クレンジング剤選びで界面活性剤を使っていないものを選択すると、化粧落としは少々手数を必要とすることになります。
メイクを落とすためにと肌を強くこすると肌トラブルの元ですし、化粧落とし効果もいまひとつです。
クレンジング剤で弾力のある泡を作り、泡で汚れを優しく浮かせて落とすのがポイントです。
化粧落としでメイク汚れを取り去ってから使う洗顔用石鹸は、界面活性剤の使用率が少ないものがおすすめです。
二度洗いは億劫、という人もいますが、肌のためにも化粧落としは面倒くさがらずに、常に正しい方法で行うようにしましょう。





お肌のためにもクレンジング選びはしっかりと


(C)化粧の落とし方
inserted by FC2 system